向かない営業をさせられてる25歳女がたった1ヵ月で事務に転職して仕事が楽しくなった理由

私は以前、自分は営業に向いてないとずっと悩みながら働いていました。

「事務で採用されたはずなのに、なんで営業・・・」
「私は絶対に営業に向いてない・・・」

やりたくない仕事を続けて日々悶々とするのがイヤでした。

そんなとき、同じように悩んでいた友人のミサキがやりたい仕事が見つかったと聞かされました。

どうやって自分のやりたい仕事ができるようになったのか、ミサキに教えてもらいました。

そして、なんの資格もない25歳の私でも事務の仕事につけたんです。

入社3年以内でも営業から事務になれた方法とは?

未経験資格なしの25歳でも事務になれた方法、それは転職です。

最初、転職には迷いました。

「給料が下がったらどうしよう」
「3年は我慢しなきゃ・・・」
「転職先でもやっていけるかな」
そんな不安がありました。

でも、実際は3割の人が入社して3年以内に辞めているんです。
(業界によっては5割以上)※厚生労働省調べ

みんな、自分に合った仕事がしたいって悩んでるんだ・・・

「もし、もっと経験を積んでから転職したらどうなるのかな」
そんなことを考えました。

でも、営業の転職先が増えても、事務への転職は逆にできなくなる。
今のチャンスを逃したら事務にはなれない。

私の答えは
「経験を積んで転職するより、その経験を転職先で積んで、その後のキャリアアップにつなげる」
でした。

だから、とにかく転職活動してみて、いい会社があるのか探してみることにしました。

とはいえ、転職しようとしたとき、「入社して三年以内で辞めるような人間を雇ってくれるの?」という不安もありました。

第二新卒の営業でも事務に転職できるの?

もちろんできます。
実は、第二新卒は転職市場でとても人気があるんです。


一度、社会人を経験した20代は採用コストが少なくすむことや、将来の成長に期待があるためです。

数ある求人の中から自分のやりたい事務の求人に応募すればいいんです。

では、どうやって内定をもらうのでしょうか。

営業経験は事務転職でアピールになる?

事務に全く関係なさそうな営業経験でも、アピールすることはできます。

自分が培ってきた経験で企業が欲しいものはなんでしょうか?

全く英語を使わない求人の場合、「TOIEC900点です!」なんてアピールしても、落とされてしまいます。

それよりも、営業事務のような求人に「営業経験を活かせます!」と伝えた方が面接官にアピールできます。

それに第二新卒は経験より将来性を重視されます。

将来性とは、意欲的か、一緒に働いていけるかなどです。
職歴や経験は変えれませんが、第二新卒のあなたにとってはチャンスです。

第二新卒はやる気・熱意・誠実さをアピールすることが最も面接官に響きます。

重要なのは、企業がどんな人材を求めているのかを知り、やる気・熱意・誠実さを伝えることです。

退職理由は正直に伝えた方がいいの?

「正直に言う?それとも無理してでも、いいことを言う?」

退職理由で迷われる方は多いですが、ポイントは前向きな理由に変換することです。

例えば「事務の求人なのに事務じゃなかった」
これを前向きな理由に変換すると、「自分の世界が広がり、とても勉強になったが、もともとしたかった事務にその経験を活かせると思い、転職を決めた」という感じです。

面接で退職理由はよく聞かれますが、嘘はやめましょう。
こう言ったら受けが良さそうとか、通るだろうという下心は危険です。

面接官は質問の中でそういったことを見抜いています。

「前向きな退職理由」を伝えるよう心がけましょう。

事務職への転職で注意すべきこととは?


注意するのは事務募集なのに実は営業でしたという求人です。

事務って結構人気なので、応募数は多いです。

欲しい求人の応募が少ないと、事務で募集して入社した後に事務以外に配属するという求人もあります。
もしくは、事務だけど、仕事内容が事務じゃないようなものです。

そういった求人を見分けるにはどうすればいいんでしょう?

効果的なのは、入社後に募集職種以外へ配属されることがあるかを面接や電話・メールで確認することです。

インターネットでの口コミを鵜呑みにするのは危険です。
口コミサイトに全然関係ない人がとコメントすることもあります。

事務に転職するときのポイントってどんなの?

第二新卒が転職で失敗しないためには次の3つのポイントが必要です。

 第二新卒募集の求人から選ぶ
新卒の就活と転職活動は違い、即戦力の求人がほとんどです。
まずは第二新卒募集の求人を探さないと選考を受けることもできません。

 企業の本当の現状を調べる
企業HPや求人情報には会社のいい部分を載せます。
リアルな情報を集る必要があります。
これができないと入社後に思っていた会社と違ったとなってしまいます。

 企業ごとの対策をする
どれだけ自分に合った企業を見つけれたとしても、内定をもらわなければ意味がありません。
どんな人材を求めているのか情報を集めて、アピールしましょう。
ミスマッチの転職で後悔しないように、この3つを押さえれば、人生を変える転職ができます。

でも、人生を変える転職って難しそう・・・


実は、難しそうに見える転職も、転職エージェントを使えば、グッと簡単になります。

そこで第二新卒のあなたにはハタラクティブがおすすめです。

その理由は次の3つです。

第二新卒の求人に強い

未経験OKの若い人材を積極的に採用している求人のみを扱っています。
事務経験がなくても問題ありません。
実際に現場を見て紹介してくれる

企業のことを熟知しているので、あなたの希望に沿った提案をしてくれます。
入社後の「こんなはずじゃなかった」を無くしてくれます。
驚くほど内定をもらえます。

初めての転職でも大丈夫です。
書類審査通過率91.4%内定率80.4%と抜群のサポート体制があります。

おかげで、たった1か月で今の職場を見つけることができ、心から良かったと思える転職ができました。

登録は本当に簡単で30秒。

この30秒で私は人生を変えることができました。
今では、本当に仕事が楽しくて、毎日が楽しいです。
プライベートも充実するようになりました。

ハタラクティブは40,000人の未経験からの転職成功実績があるので、満足度の高い転職ができます。

ハタラクティブで転職が成功した人の声

ハタラクティブに相談して転職して人生を変えた人たちの声をご紹介します。


ハタラクティブは厚生労働省認可で、安心した転職活動と満足度の高い転職ができます。

まずは相談するところから始めてみましょう。

あなたはこの先も10年、20年と今の仕事を続けたいですか?
たった一歩の行動で人生は信じれないくらい良くなります。

ぜひ、あなたにも転職で人生を変えてほしいです。
あなたが今よりよくなることを心から願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加